2017年03月09日

あののぉvol.41発行しました

あののぉ vol.41」を発行しました。
今回はいつもよりボリュームアップしてお届けしています(*^^*)

anono41_01.jpg




「お宅訪問」は21年目を迎えるお住まい。

anono41_02.jpg

anono41_03.jpg

丁寧な暮らしが伝わってくるような佇まいです。



「森里海から」はニホンタンポポについて。
在来種と外来種の簡単な見分け方、知っていますか?

anono41_04.jpg



「現場紹介」は、現場が一体となる打設工事についてです。

anono41_05.jpg



「お店紹介」は洋菓子と焙煎珈琲のお店をご紹介します。

anono41_06.jpg



「大工のはなし」や古木里庫に完成した茶室「古木里庫庵」など、ぜひご覧ください。

anono41_07.jpg



次回は6/1発行予定です。
菅組季刊誌「あののぉ

by sio
posted by sio at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

観音寺市で予約制完成見学会を開催!

観音寺市で予約制完成見学会を開催します。

「ピットリビングがもたらす 豊かな暮らし」予約制完成見学会

開催日 : 3/18 (土) ・ 19 (日) 
時間 : 10:00〜17:00
会場 : 観音寺市流岡町

01.jpg


床の高さを一段低くすることで生まれたリビング空間は、包まれるような安心感が得られます。
窓際のベンチに腰かけたり、もたれたり、床に寝そべったりと過ごし方は様々。そして、外との距離も近くなり、庭や畑の身近な自然を感じられる居心地のいい空間です。

02.jpg


台所からは、リビングダイニングや、吹き抜けの先に設けたロフトも見渡せ、家族の姿を見守ることが出来ます。 目線の高さが異なる場所で、思い想いの時間を過ごしながらも同じ空間を共有できます。

03.jpg

通り抜けのできる広い玄関土間は、自転車やアウトドア用品の出し入れに最適。台所にも繋がり、家事にも便利な空間です。

06.jpg

08.jpg

また、奥様のお勤め先である観音寺市のボタン木工所の落ち着いたオリジナル家具が、暮らしに彩りを与えてくれます。

07.jpg


目線の高さ、床の高さ、天井の高さなど「高さ」がもたらしてくれる居心地のいい家へ、ぜひお越しください。

北欧雑貨を中心としたしつらえは、丸亀市綾歌町にある「CONNECT(コネクト)」さんにご協力いただきました。当日も展示してお待ちしております。


「ピットリビングがもたらす 豊かな暮らし」 予約制 完成見学会


開催日 : 3/18 (土) ・ 19 (日) 
時間 : 10:00〜17:00
会場 : 観音寺市流岡町

申込締切 : 3/14(火)
申込方法 : 電話、FAX、メール にてお申し込みください。
   その際に、訪問希望日、訪問希望時間をお申しください。

お問い合わせ:
TEL:0875-82-2441(池ノ上)
FAX:0875-82-2939
MAIL:eigyou@suga-ac.co.jp

by_USA
posted by U.S.A at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

今日は立春

今日は2月4日、「立春」。
旧暦では新年のはじまりとされています。

菅組では毎年町の工務店ネットさんが制作している二十四節気カレンダーを使っています。
「二十四節気」とは、一年を二十四つの節気(15日間ずつ)に分けたものです。


というわけで、今日から新しいカレンダーになります!

24sekki2017.jpg


今回(写真左)は建築家・小澤尚さんが描いた絵が添えられたスケッチブック風スタイル。
1ページ目は山梨県の天然記念物である「忍野八海」が描かれています。
富士山の伏流水に水源を発する湧水池だそうです。

ちなみにお隣は前回のカレンダー。
日付部分を切り離すことで、1年を経た後も使えるすぐれモノです。


setumei170204-.jpg



今日から少しずつ春の兆しがふえてくることでしょう。
いろいろと探してみたいと思います(*^_^*)

by sio
posted by sio at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

新年 あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

仕事始めの今日は、素晴らしい快晴になりました。
今年一年もこの天気のように澄みきったすがすがしい年にしたいものです。

さて本社では、毎年恒例の安全祈願祭を執り行いました。

01.jpg


02.jpg


03.jpg


締めは、ホット甘酒で
乾杯!

04.jpg


皆さんにとっても素晴しい年でありますよう祈念いたします。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

by_USA
posted by U.S.A at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

本日は冬至です。

2016年12月17日、古木里庫にて
23回目となる100万人のキャンドルナイト2016冬至が無事終了いたしました。
ご来場くださったみなさま、ありがとうございました(*^_^*)

100万人の広がりを持ちますように、
という願いを込めてはじまった『100万人のキャンドルナイト』。
ひとりの力は小さくても、そのひとつひとつが繋がることで大きな力になります。

さて、本日は冬至です。
一年で一番長い夜。大切な人とスローな夜を過ごしませんか?
ぜひご家庭でもキャンドルナイトを楽しんでみてください(^v^)

161221冬至.jpg


======================

イベントの様子は以下をご覧ください。

■古木里庫フェイスブックアルバムはこちら
■ブログ「古木里庫じかん」はこちら

======================

by sio
posted by sio at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 古木里庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

100万人のキャンドルナイト2016冬至のご案内

今週末12月17日(土)に100万人のキャンドルナイト古木里庫(こきりこ)で開催します!

04.jpg


日にち:2016年12月17日(土)

時 間:19:00〜21:00(開場 18:30)

入 場:無料(ワークショップ・カフェは有料)

※キャンドルナイトでは、入場者にイベント用傷害保険をかけさせていただいております。来場時には必ず芳名帳にお名前・ご住所・お電話番号の記載をお願いいたします。

*イベント日につき通常営業はお休みしています。

問い合わせ:
古木里庫(こきりこ)

三豊市仁尾町仁尾乙264

TEL  0875-82-3837

FAX  0875-82-3844

Mail  kokiriko@suga-ac.co.jp

49.jpg


イベント内容

〈19:00〜〉
◆キャンドルナイト はじまりのおはなし
「私にできること 地球の冷やし方」
燃えている森をみて逃げ出した生きものたちと、小さなハチドリのおはなし

〈19:00〜21:00〉
◆ワークショップ 「キャンドル作り」 (ひとつ¥500)
【講師】 稲崎小百合 Handmade Candle i-style
プロフィール…「SALON DE LEONA」基礎コース・マスタークラスを終了しDIPLOMAを取得。その後、キャンドル教室やウェディングなど様々なキャンドルコーディネートを手がける。

〈19:15ごろ〜〉
◆お飲物 コーヒーなど(¥200) 売切御免

でんきを消して、スローな夜を。100万人のキャンドルナイト

ぜひお越しください。

by_USA
posted by U.S.A at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

菅組 季刊誌「あののぉ」vol.40を発行

暦の上で、今日は「大雪(たいせつ)」ですね。
香川県は「雪」は降りませんでしたが、朝は今シーズン一番の冷え込みになったそうです・・・。
皆様、風邪をひかないようお気をつけください。

さてさて、本題ですが
12月初めに菅組の季刊誌「あののぉ」の40号を発行いたしました。

03.jpg


今回のお宅訪問レポートは、4年前にリフォームされたお宅です。外観はまるで「蔵」のよう・・・。
リフォームをして「暮らし」がどう変化されたのかなどを綴っています。

01.jpg


その他の記事は、大工のはなし「鉋のための鉋」、社長が綴る「森里海から」、100万人のキャンドルナイトのご案内、雑誌掲載情報、古木里庫にできた愛農かまどをご紹介しています。

02.jpg



次回発行は2017年の3月予定です。
ぜひごらんください。「あののぉ

by_USA

posted by U.S.A at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする