2016年09月17日

第19回 仁尾八朔人形まつり開催♪

本日17日(土)から19日(月・祝)までの3日間、
仁尾町で「第19回 仁尾八朔人形まつり」が開催されています。

昔ながらの町並みが残る仁尾町のあちらこちらに、
歴史やおとぎ話の名場面を再現した小さなお人形のジオラマ舞台が展示されます。
>去年の様子はこちら

仁尾八朔人形まつり.jpg


他にも、家の軒先に手作り作品が並んだり、お店やワークショップがあったり。
仁尾町文化会館では、おいしい屋台も盛りだくさん!
うどんやかき氷をはじめ、からあげやケバブも♪

1609八朔 (4).JPG



1609八朔 (1).JPG



文化会館では「ジュリーちゃんとミス香川物語」の紙芝居や、
中学生をはじめ地元の方々の作品がみられます。


1609八朔 (2).JPG

1609八朔 (3).JPG



昔のお店を改装した「平石堂」
とれたての大きなナスの素揚げがトッピングされたナスカレーをぜひ!

1609八朔 (5).JPG

1609八朔 (6).JPG


「松賀屋」さん。
生け花が飾られた1階は無料開放され、2階ではおいしいお食事をいただけます。

1609八朔 (7).JPG

1609八朔 (8).JPG

1609八朔 (9).JPG

1609八朔 (10).JPG


皆さま、にぎやかな仁尾町へぜひお越しください(^^)/


■八朔人形まつり
仁尾町では、城主の命日である3月3日にはひな祭りを行わず、八朔の日(旧暦8月1日)に男子の節句と一緒に女子の雛節句を祝うようになりました。
歴史上の人物やおとぎ話の名場面を、石、砂、苔、草木などで 再現。趣向を凝らした展示物を見ながら、昔の町並みを巡るスタンプラリーをお楽しみください。

by sio
posted by sio at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 仁尾町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

チルチンびと(OM)取材

風が心地よい季節になりました。

9月10日(土)秋晴れ。
チルチンびとOMソーラー号】の取材に同行してきました。

_DSC4350.JPG


取材先は、菅組の見学会もさせていただいたM邸です。

P9100042.JPG


ライターさんのインタビュー風景。
当社設計士と住まい手さんに家づくりの時のことや、思い出などを質問。

P9100018.JPG


住まい手さんと一緒に伐採したヒノキの先端を利用した枝つき柱は、お兄ちゃんの木のぼり柱に♪

P9100035.JPG


ハンモックでゆらゆら〜
P9100025.JPG


奥さま手作りのババナチョコチップクッキー
P9100051.JPG


緑のカーテンは、ツルムラサキ。
P9100062.JPG


お忙しい中、取材にご協力いただいたM様、ありがとうございました。
雑誌は、2016年11月発行予定です。とても楽しみです。

by_USA
posted by U.S.A at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

第47回 観音寺職業安定協会ソフトボール大会

第47回 観音寺職業安定協会ソフトボール大会が9/4(日)に山本町河川敷グランド、大野原萩の丘公園、財田町総合運動公園の3か所で開催されました。

IMG_1389.jpg


54組の参加チームでトーナメント制。
菅組からは、社長をはじめ、現場監督、大工、事務員の14名で挑みました!

8:30 菅組先行でプレイボール!
社長がピッチャーです!

IMG_1395.jpg


初戦の相手は、ホーコク製粉さん。

IMG_1382.jpg


1回:4-0
2回:3-1
3回:3-0

ホームランも連発し、この時点で10-1で菅組がリード!

そして時間の関係で4回が最終回。
先行の菅組は0点。
ここで抑えれば菅組が勝ち・・・・・のはずでした。

しかし、なんとここでホーコク製粉さんの打線が爆発。
9点とられ、同点に!!!ガ〜ン

勝敗は「じゃんけん」で決めることに。
・・・この展開・・・。前にも・・・・。こちらでその様子をチェック
1人ずつじゃんけんをして、勝った人数が多い方が勝ちというルール。

1人目:負け
2人目:負け
3人目:勝ち
4人目:負け
5人目:負け
6人目:負け

・・・・・・・相変わらずじゃんけんに弱い菅組です。

IMG_1405.jpg



結局、大逆転負けをしてしまいました(笑)

でも、楽しくプレーできいい一日でした☆

P9040001.jpg



来年は頑張ります!
参加された皆様、お疲れ様でした。

by_USA




posted by U.S.A at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

「街の風景となる木の家」予約制 完成見学会

11.jpg


「街の風景となる木の家」 予約制 完成見学会


開催日 : 8/27 (土) ・ 28 (日) 

時間 : 10時〜17時

会場 : 丸亀市飯山町

03.jpg


丸亀市飯山町に緑の木立ちに囲まれた木の家が完成しました。
モダンなこげ茶色の外壁に緑が美しく映え、住宅街の風景となるように佇む家は、自然の恩恵を享受している木の家です。

16.jpg


暮らしの中心となるリビングダイニングの隣には、小上がりの落ち着く和室があり、通り抜ける涼しい風を肌で感じながら心地よいひとときを過ごせます。

17.jpg


プライバシーにも配慮したウッドデッキで緑を見ながらスイカを食べたり、玄関ポーチのベンチで腰をかけ、地域の人と交流したりできます。

05.jpg


香川県産ひのきフローリングや卵の殻でできた壁紙といった自然素材の仕上げに加え、一年を通して室内環境を整えるOMソーラーを搭載することで快適な暮らしをおくることができます。

道行く人々が、ほんのひととき豊かな緑に癒されるように・・・。
街の風景となる木の家へぜひお越しください。

07.jpg


室内の上質な設えは、今回も高松市丸亀町にある「まちのシューレ963」さんにご協力をいただきました。


「街の風景となる木の家」 予約制 完成見学会


開催日 : 8/27 (土) ・ 28 (日) 

時間 : 10時〜17時

会場 : 丸亀市飯山町

申込締切 : 8/23 (火)

申込方法 : 電話、FAX、メール にてお申し込みください。
        その際に、訪問希望日、訪問希望時間をお申しください。

お問い合せ:
TEL:0875−82−2441(池ノ上)
FAX:0875−82−2939
MAIL:eigyou@suga-ac.co.jp

posted by U.S.A at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

仁尾竜まつり!

明日は「第29回 仁尾竜まつり」!
稲わらと青竹で作った長さ約30m、重さ3tの巨大竜が出現します。
大勢の人が竜に水を浴びせかけ、雨乞いを祈願するお祭りです。

仁尾庁舎前にはすでに竜がスタンバイしていました☆

竜まつり01-.jpg


竜まつり02.jpg



ギラリとひかる赤い眼、大きな口。

竜まつり05.jpg



鋭い爪。

竜まつり06.jpg



長ーい胴体。


竜まつり04-.jpg

竜まつり03-.jpg


暑ーい夏に、熱いお祭り!
昼間は踊りのコンテストや屋台も出ます。
みなさまぜひ仁尾町へお越しください♪

過去の様子はこちらをご覧ください。
「仁尾の風景」2013年9月

「第29回 仁尾竜祭り」詳細はこちら
三豊市ホームページより


by sio
posted by sio at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 仁尾町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

かがわ県産ひのきの讃岐舎(さぬきのいえ) 完成見学会

03.jpg


「かがわ県産ひのきの讃岐舎」 完成見学会

開催日 : 8/6 (土) ・ 7(日) 
時間 : 10:00〜17:00
会場 : 高松市円座町


讃岐の風景をつくる

讃岐の土、風、太陽、雨・・・。
自然の恵をいっぱいたくわえた讃岐のひのき。
「樹木」から「家」へと変わっても
山でいたころと同じように
しっかり根付き、どっしりと佇む。

06.jpg


「讃岐の風土にとけ込む家を、近くの山の木でつくりたい。」
「真壁の木の家が特殊なものにならず、もっと町に増えてほしい。」
こうした思いを実現するために、柱や梁を見せ、素材をできるだけそのまま正直に使う木の家が「讃岐舎(さぬきのいえ」です。

この讃岐舎は、ほぼすべて香川県産の檜をつかった家です。
香川県の檜は、雨量の少ない讃岐の地で長い時間をかけて成長していくことから、年輪が均等でゆがみが少なく、加工がしやすいので住宅の建材として優れた特質をもっています。

07.jpg


讃岐の舎づくり倶楽部が年1回仲南の森(まんのう町)で開催している大黒柱伐採ツアーで、住まい手さんと一緒に伐採した檜からは8寸の大黒柱を含め、6本の柱がとれ、家を力強く支えています。

10.jpg


土佐漆喰、焼杉、土佐和紙、讃岐舎オリジナルキッチン、香川県産檜のオリジナル玄関ドア、地中に埋まっている雨水用の土管など、人にも地球にもやさしい素材をつかっています。

08.jpg


近くの山の木で家をつくることは、山を守ることにつながります。
適切な間伐(かんばつ)をすることで木と木の間に光が差し込み、下草や土壌の環境を整えます。そうすることで上質な木が育ちます。

讃岐の風土にとけ込む
香川生まれの讃岐舎へぜひお越しください。


09.jpg



室内の上質な設えは、今回も高松市丸亀町にある「まちのシューレ963」さんにご協力をいただきました。


「かがわ県産ひのきの讃岐舎」  完成見学会    

開催日 : 8/6 (土) ・ 7(日) 
時間 : 10:00〜17:00
会場 : 高松市円座町
お問い合わせ:
TEL:087-882-6387(三崎)
FAX:087-881-1274
MAIL:eigyou@suga-ac.co.jp

by_USA

posted by U.S.A at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

住んで3年目のお宅訪問会を開催

10.jpg


仁尾の山に溶け込むように佇む木の家で、住んで3年目のお宅訪問会を開催します。

住んで3年目のお宅訪問会 「自然を感じ 自然と暮らす」   予約制   

開催日 : 7/23 (土)・24 (日) 

時間 : 10:00〜16:00

会場 : 三豊市仁尾町


窓からやさしく通りぬける風、森の緑に、青い海。
ほのかに香る季節の匂い。
山と海の間に佇む木の家は、3年の月日を経て風景に馴染んできました。
自然の力を生かし、自然と寄り添う暮らし。

03.jpg


自然とつながる暮らし


木の力強さと包容力は安心と心地よさを与えてくれます。周りの自然豊かな環境は暮らしの一部として取り込まれています。

山の稜線に添う片流れの屋根や、風が通りぬけるように配置された窓。瀬戸内海を一望できる大きな窓は、刻々と移りゆく瀬戸内海の景色を大きな絵画のように切り取ります。

内と外をゆるやかにつなぐ軒の深い広々としたウッドデッキ。冬は薪ストーブで暖をとったり、料理を楽しんだりできます。
住まい手さんと一緒に仲南の森(まんのう町)で伐採した桧の大黒柱も、どっしりと家を支えています。

3年の月日を経て飴色に輝き始めた木、落ち着いた質感の壁の珪藻土。自然素材に包まれ、年を重ねるごとに美しくなる空間は、訪れる人をやさしく迎え入れてくれます。


11.jpg





住んで3年目のお宅訪問会 「自然を感じ 自然と暮らす」   予約制   

開催日 : 7/23 (土)・24 (日) 

時間 : 10:00〜16:00

会場 : 三豊市仁尾町

申込締切:7/19(火)

申込方法 : 電話、FAX、メール にてお申し込みください。       
      その際に、訪問希望日、訪問希望時間をお申しください。 


お問い合わせ:
TEL:0875-82-2441(池ノ上)
FAX:0875-82-2939
MAIL:eigyou@suga-ac.co.jp

by_USA
posted by U.S.A at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする