2018年04月24日

丸亀城の鯉のぼり

香川県丸亀市にある丸亀城。

現在、丸亀城の内堀に色鮮やかな鯉のぼりが優雅におよいでいます。

これは、市内の子どもたちが描いた似顔絵や動物をデザインした10匹と、
市民から寄付された32匹です。

香川県 丸亀城 鯉のぼり.jpg

5月21日ごろまで設置されるそうです。

by_USA
posted by U.S.A at 07:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

古木里庫で開催のコンサートのご案内

香川県三豊市仁尾町にある古木里庫で開催されるコンサートのご案内です。

別府葉子-シャンソン-トリオ.jpg


別府葉子 シャンソン トリオ
瀬戸内紀行No.3


日にち:2018年4月27日(金)

時 間:19:00開演(18:30開場)

場 所:古木里庫(香川県三豊市仁尾町仁尾乙264)

入 場:前売券3000円 / 当日券3500円 (全席自由)



シャンソンの名曲を中心に、独自のアレンジで日仏の言葉をあやつり原曲の魅力を再現する実力派ユニットの音楽を、古材と薪ストーブのお店「古木里庫」が提供する温かく心地よい空間でお楽しみください。

別府葉子オフィシャルHP



〈お問い合わせ・ご予約〉
やさかオフィス
TEL 06-6231-5656
メール yoko_c_f@ybb.ne.jp
※メールでのお申し込みの場合は必ず電話番号を明記ください。
 担当からの電話連絡をもってお申込みの完成とさせていただきます。


by_USA
posted by U.S.A at 07:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

「せとうちスタイルvol.5」が発行

せとうちスタイルvol.5」が発行されました。

本誌の中の「せとうちのまちを歩けば」のコーナーや讃岐の風景を訪ねた記事広告を連載しています。
→その時の取材風景はこちら

せとうちスタイル01.jpg

せとうちスタイル03.jpg

せとうちスタイル02.jpg

裏表紙は、「讃岐の風景を訪ねて」。
これは、書店等でお買い求めいただくものには掲載されておりません。
医療施設、大学、図書館、美容院、カフェなどの閲覧コーナーに置いている場所もございますので、
お見かけの際は、ぜひご覧ください。


by_USA
posted by U.S.A at 06:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

まるでアーティスティックスイミング

香川県観音寺市の財田川。
たくさんの水鳥たちが水浴びしていました。

観音寺 財田川4.jpg

気持ちよさそうにバシャバシャ。

観音寺 財田川3.jpg

観音寺 財田川.jpg

観音寺 財田川2.jpg


魚をとる姿もありました。

この三羽

観音寺 財田川5.jpg

次の瞬間

観音寺 財田川6.jpg

その姿はまるで
アーティスティックスイミングの選手のようです。
※シンクロナイズスイミングから、アーティスティックスイミングという名に昨年名称が変更されています。

by_USA
posted by U.S.A at 07:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

山桜

桜も散り始めている箇所が多い今日この頃です。

坂出市の城山でしょうか・・・。
山桜によって彩られていました。

坂出市 城山 桜2018.jpg

坂出市 城山 桜2018-1.jpg

坂出市 城山 桜2018-2.jpg

by_USA
posted by U.S.A at 10:10| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

せとうちスタイル取材in大島

2018年2月25日(日)に、雑誌せとうちスタイル取材で、香川県高松市の大島に行ってきました。

せとうちスタイル取材(大島)4.jpg

この島には、国立療養所大島青松園という島内にある国立ハンセン病療養所があり、国内にある国立ハンセン病療養所の中で、唯一の離島施設です。今も約60名の方が療養生活を送っています。

今回の旅は、女性5人と男性(社長)1人という女性率が高い取材になりました。
(こえび隊の笹川さん、カメラマンの牧浦さん、せとうちスタイルの山本さんと難波さん、菅組社長、私)

せとうちスタイル取材(大島)9.jpg

大島青松園の周辺の道路には、道の真ん中に白いラインが引かれています。盲人の方は白線は見えるので、これを頼りに歩くための目印となっています。高松本土では見かけない風景です。そして、盲人の方たちのための音楽も常に流れています。

せとうちスタイル取材(大島)6.jpg

せとうちスタイル取材(大島)5.jpg

「風の舞」 1992年(平成4年)に約1000人のボランティアの協力でつくられたモニュメントです。ここに眠る魂が風に乗って、自由に解き放たれるようにという願いが込められているそうです。

せとうちスタイル取材(大島).jpg

アメリカのウィリアム・メレル・ヴォーリズがつくった建築物のひとつ「大島療養所礼拝堂」。

せとうちスタイル取材(大島)11.jpg

せとうちスタイル取材(大島)12.jpg

大島の梅は美しく咲き誇っていました。

せとうちスタイル取材(大島)8.jpg

せとうちスタイル取材(大島)13.jpg

せとうちスタイル取材(大島)14.jpg

納骨堂の中には、ハンセン病で島に来て、亡くなってもいまだに故郷に帰ることのできない約2,000名の方々の骨つぼが並べられているそうです。

せとうちスタイル取材(大島)7.jpg

そして今、大島の150分の1のサイズのジオラマをつくるプロジェクトが始まっています。
大島ジオラマプロジェクト

昭和30年代前半、入所者が一番多く住んでいた時代を再現します。

その制作現場にお邪魔してきました。

せとうちスタイル取材(大島)3.jpg

せとうちスタイル取材(大島)2.jpg

完成が楽しみです。

今回の記事は、4月に発行される、雑誌せとうちスタイルに掲載予定です。ぜひご覧ください。

by_USA
posted by U.S.A at 15:12| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

日本と朝鮮半島、台湾にしかいない留鳥「ヤマガラ」

鳥の話題がつづきます・・・。

日本と朝鮮半島、台湾にしかいない留鳥「ヤマガラ」

香川県観音寺市にある神社の手水舎で水浴びをしていたヤマガラに出会いました。

ヤマガラ.jpg

水浴びしたあとは羽がびっしょり。

ヤマガラ1.jpg

ヤマガラの見分け方・・・
背と腹が赤茶色で、他の種類と見分けるのは容易。
頭上や喉は黒く、頭のてっぺんは白い羽毛の帯がある。頬や額は淡い黄色。雌雄同色。

落葉広葉樹林や照葉樹林に生息し、冬期は平地林や市街地の公園でもよく見られますので
ぜひみつけてみてくださいね。

観音寺琴弾八幡.jpg

by_USA
posted by U.S.A at 07:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする